初めての人も使いやすい風俗求人サイトの考え方

>

初めての人でも触れやすい、風俗求人サイトを作ろう

性的サービスでも本番を伴わない業種

一般の人々が思い描く「風俗」とは、どのようなものでしょうか。
恐らくは、「性的サービス」を伴う風俗業のことを想像するのではないかと思います。
しかし、法律的には、それらは「性風俗業」という「風俗業」の一業態でしかなく、「風俗業」というのは、それ以外にも様々な職種を含んでいることを押さえておきましょう。
具体的には、「風俗営業法」、いわゆる風営法という法律で、性風俗業とそれ以外のものに分類しています。
「風俗営業」は性的サービスを伴わないもので、キャバクラやホストクラブ、ディスコ、マージャン店、パチンコ店、ゲームセンターなどの「飲む、打つ」という表現がなされるお店が含まれます。
「性風俗関連特殊営業」がいわゆる性風俗業で、浴場業(ソープランド)、ファッション・デリバリーヘルス、アダルトグッズショップなどが含まれています。
その中でいわゆる「本番」ができるのはソープランドだけです。

本番を伴う「風俗の王様」ソープとは

前述した「本番ができる」ソープランドですが、これは法律的に「できますよ、やってもいいですよ」と言っている訳ではありません。
日本では本番行為を提供する(つまり、売春する)ことは法律で禁止されています。
そのため、ソープランドは表向き「浴場業」であり、性行為(本番行為)は「お風呂に入っている間に、本人同士の合意で行為している」という解釈がなされるのです。
そのため、性行為そのものに料金を支払っているわけではありません。
それらは「入浴料」「サービス料」という形で支払うことになります。
こうした「暗黙の了解」で運営されているソープですが、「風俗の王様」というだけあって、本番行為ができるのは圧倒的な強みであり、収入としては他の性風俗業よりも多く稼ぐことができます。


Share